||
full

退屈を捨てよ、街へ出よう

#art| #fashion| #model| #stylish|
SHARE THIS ARTICLE
ABOUT THIS PROJECT
エレファントストーンが今年導入したデジタルシネマカメラ“RED SCARLET-W 5K”の、
購入前カメラテストを兼ねて撮影されたムービー。

RED社はARRI社と並ぶデジタルシネマカメラの2大メーカーで、
アカデミー賞に選ばれるような映画作品も含め、映画やTVCMで最も使用されているメーカーです。
有名なところでは、『ドラゴン・タトゥーの女』のデヴィッド・フィンチャー監督もREDを愛好していることで知られています。

最大8Kまで記録することができる最上位機種もあるREDシリーズの中では、
SCARLET-Wは5K記録と廉価版の位置付けですが、
それでも非常にクリアで精細なルックで、肌など質感の描写力の素晴らしさが目を引きました。

撮影時の主なチェック項目(これが判断しやすいカットを中心に撮影)
 ・逆光のような明暗の差が激しいアングルでのディティール(ダイナミックレンジの広さ)
 ・最大10倍のスローモーションを記録するハイスピード撮影
 ・各色味の自然な再現性
 ・低照度環境でのノイズの乗り方


ストーリーとしては、
主人公の女性が鎌倉の街を巡り、走り抜けるというシンプルな枠組み。
スピーディーな描写の中で街の魅力を感じてもらえればと思います。



出演
バスケス 英莉茶

監督・撮影・編集
嶺 隼樹

撮影
安田 瑛己
山部 哲也
菅野 圭亮

メイク
佐茂 朱美

製作
エレファントストーン
PROJECT MEMBER

Director :嶺隼樹