Interview||Mai Akiyama

【INTERVIEW】『fall』MVのディレクターに聞く”かっこいい”映像作品の生み出し方

SHARE THIS ARTICLE

2018年12月18日(火)にVJ + DJ + Vo.編成の奥渋系フューチャーポップユニット「citrusplus」の1stシングル『fall』のMVがリリースされた。

企画・制作はbacter。

▼本メディアではここでしか観ることのできない「ディレクターズカット版」を公開している。

 

今回ディレクターを務めた山部哲也に、MVの制作やbacterの映像制作について話を伺った。

 

山部哲也

鳥取県鳥取市生まれ。2007年上京し、東放学園映画専門学校に入学。卒業後、フリーランスとして活動。WEB映像やMVを中心に映像制作を行う。その後、2016年に株式会社エレファントストーン入社。TVCM、WEBプロモーション映像、大手メーカーのPR映像など、様々なジャンルの作品を手がける。料理が好き。

 

ーー『fall』のMVはどのように制作を進めていったんですか? MVの内容やポイントについてもお聞きしたいです。

初めて『fall』という曲を聞いた時は、ポップでキャッチーで「今っぽいな」って思いました。

その後、歌詞の内容や音楽活動についてcitrusplusのメンバーにヒアリングをして。その中で<夜中の街中でダンス>と<水中>の2つを映像に取り入れたいというアイデアをもらったので、そこからストーリーを広げていきましたね。

 

水に落ちてもやもやしているところから、夜の街で踊ることによって少しずつ自分を見つけていく。最初は夜だったのが朝になって、最後は水から上がる……

「静と動」、「夜から朝へ」、「水の中から外へ」。

そういう要素を含みながら、ストーリーを演出しています。

 

主人公の感情の変化は、今回「色(照明)」を使って表現してみました。ベースは青いんですが、いろいろな色を使用しています。

 

ーーダンサーさん(水村里奈さん)のダンスはアドリブだったと知りました。すごいですね!

アドリブですね。

まさしく”プロ”の方で、この楽曲の撮影に向けて作り込まれてきているなって感じました。ダンサーさんのおかげでこのMVが成立したと言っても過言ではないです。

 

今回2日間の撮影で、夜中の街中のダンスシーンと水中のシーンは分けて行いました。ダンスシーンは深夜24時から明け方までのスケジュール。一晩で渋谷の2ヶ所、信濃町にある高架下、そして竹芝埠頭の4ヶ所を巡りました。

 

自分たちもハードでしたが、ダンサーさんもひたすら踊っていて大変だったと思います。

 

ーー制作過程で何か印象的な出来事はありますか?

水中撮影は冒険でしたね。

bacterは予算も時間も制限があるので、「どうやったら実現できるのか」っていうのを毎回ものすごく考えるんです。

 

今回は、そもそも水中撮影の経験があるスタッフもいないですし、機材も場所も「どうする?」っていうところからのスタートでした。

だから、チームのみんなで考えて、議論をして、チャレンジしてみた。その経験ができて本当によかったと思います。

 

 

ーー”bacter”だから意識していることはありますか?

それはあるかもなぁ……。

映像を観た人がどういう印象を受けるかっていうのは考えますね。”かっこいい”が前提にあって。ただ、”かっこいい”にも種類があるので、どういうかっこよさなのかっていうところですね。

 

ーー本作はどういうかっこよさを目指したのでしょうか。

綺麗でかっこいい感じですね!

 

ーー映像を作る時に、そういうイメージを具体化していくわけですよね。その発想の源泉って何なのでしょうか?

音とか色とかデザインとか……そういう五感から入ってくるものを膨らませていきますね。

 

自分の中では二つの考え方があって。まず、感覚的にかっこいいなって思うことからパッと出る発想。これは完全に右脳で考える発想の仕方ですね。

もう一つは左脳的で、いま世の中にあるものでかっこいいなって思ったものに対して、それがなぜかっこいいのかなって考えるようにしています。「なぜ俺は今かっこいいって思ったんだろう?」って、掘り下げて、紐解くんです。

ーーただ「かっこいい」で終わらせない、と。

そうすると「あ、これは、色が変わってるからかっこいいって思ったのかな」とか。

カメラワークなのか、編集なのか、デザインなのか、フレーミングなのか、それとも衣装なのか……色々あると思うんですけど、どこかにポイントを見つけて「だからかっこいいと思ったんだな」って理解する

 

そうやって普段から”かっこいい”って思う感覚をストックしておいて、自分から湧き出てきた発想と結びつけて”一つ”にするんです。

 

ーーそうしてオリジナルの発想になるわけですね。参考になります! 最後に、今後bacterでやりたいことを教えてください。

自主制作のクオリティはもっと上げいきたいですね。あと、海外で撮影をしたいなって思ってます!

 

 

▼時代に口髭を生やすニュースメディア『Qetic』で、citrusplus×山部哲也(bacter)の対談記事が公開されています。

citrusplus×山部哲也(bacter)対談|自己プロデュース力とクリエイティブを生み出す戦略