Interview||Ami Shimasaki

東京発女性ボーカルジャズバンド「Soigne」スペシャルインタビュー

#artist interview| #collaboration| #music video| #MV|
SHARE THIS ARTICLE

bacterで今回映像を制作させていただいたジャズバンド「Soigne」。
バンド結成から今回の新曲制作についてまで「Soigne」を代表してキーボード担当「ゴトウダ」さんとボーカル「Yuki」さんへインタビューを実施しました!

 

「Soigne」
2017年結成、東京発女性ボーカルジャズバンド、Soigne。
ネオソウル、アシッドジャズを基調にしつつも、ボーカルYukiの現代的な感性や言葉を重視した”都市のスピリチュアルミュージック”を探求する。

 

ゴトウダさんによる「Soigne」メンバー紹介

 

キーボードを担当されているゴトウダさんに、バンドのメンバー紹介をして頂きました。

 

VOCAL:Yuki Terawaki
天真爛漫という言葉が似合うボーカル。「Soigne」ではトラックや伴奏を作ってからメロディをゆきちゃんに作ってもらうことも多いので音楽的にもとても助かってます。

BASS:Shuntaro Tashiro
もともと音楽をやろうと誘ってくれた「Soigne」のリーダー。音楽の趣味がちょっとパリピで個人的にそこが面白いです。VJとかプログラミングとかにめっちゃ強いです。

DRUMS:Seiya Fujimura
キャップを被るのも腕時計を右手につけるのもスパイラルシンバルを使うのもクリスデイブの影響という筋金入のデイブファンです。グルーブもそうですが「Soigne」ではミックスやトラックメイクでも大変貢献してもらってます。

GUITAR:Taro
サウンドもフレーズもバッキングも「Soigne」に欠かせないギタリストです。シューゲイザーが大好きで「Soigne」でもちょこちょこエフェクターでぶっ放してます。最近はジャズインストバンドで大活躍してます。

SAX:Shun Hashimoto
大学のジャズ研の後輩で「Soigne」で一番長い付き合いです。テナーサックスの深い音色はボーカルのYukiちゃんの声質とも相性が良いと個人的に思ってます。ジャズなフレーズを「Soigne」でもいろいろ載っけてもらったりソロを吹いてもらうことも多いですね。

KEYBOARD:Ryota Gotoda
「Soigne」では作曲と鍵盤を担当しています(作曲は聖也さんもやってます)。もともと大学では映画音楽を学んでいました。演奏が好きですし、Soigneはジャズであったりコンテンポラリーな鍵盤をいろいろ試せてとても楽しい場所です。バンドの特徴としてはスタジオ終わりによくお酒を飲みます。打ち上げの出席率が高いです。笑

 

「Soigne」バンド誕生について

 

ー「Soigne」とはどういう経緯で誕生したバンドなんですか?

 

ゴトウダ:「Soigne」はもともと単発のライブイベントに参加するために結成されたバンドなんだよね。

 

Yuki :そう、私はうっかり(BASS.Shuntaro)に誘われて。最初は私とうっかり(BASS.Shuntaro)とりょさん(Key.ゴトウダ)の3人だったんだよね。

 

ゴトウダ:それでライブをやるからにはバンドの形態で出たいね、となりまして・・・。大学のジャズ研の後輩であったサックスの隼くんに声をかけたらクリスデイブみたいなドラマーと良いギタリストがいます!とドラムの聖也さんとTaroを呼んでくれました。
単発のライブイベントが終わった後もこのメンバーで音楽活動していきたいね、となって今に至ってます。ロックやジャズなど畑が違うメンバーが揃ったけど、それが良い意味で雑多であったりいろんな要素を取り入れて音楽ができてるのかな、と思います。

 

「YOUR HAND」楽曲制作秘話

ーこの曲を作るに至った経緯を教えてください

 

ゴトウダ:もともとYukiちゃんとセッションで作ったシンプルな曲をそのままトラックにした楽曲ですね。「Soigne」ではがっつり作曲したりアレンジをスタジオで練るものと、あまり細かく決めずバンドでセッションするような曲があるんですが、これは後者だよね。

 

Yuki:そう!Youtubeライブでゲストが一緒に歌ってくれてた時に、適当にりょさん(Key.ゴトウダ)が弾いてみんなが作ったビートを聞いてて歌ったやつ。それに、当時付き合い始めた恋人と一緒にいるとよく眠れるから、それを歌ったんです。

 

ゴトウダ:Yukiちゃんの歌詞はかなり即興的なものが多いけど、それが逆にイノセンスな感じであったりスピリチュアルな感じがして「Soigne」らしさに繋がっているのかなぁと思いますね。

 

今回の撮影での思い出

 

ゴトウダ:バンドで演奏シーンを撮るのはスタジオの都合や費用の関係でなかなか難しく、メンバーの中でもやりたい!という意見はあったのですがなかなか現実しなかったんだよね・・・。

 

Yuki:コロナとかの影響もあってバンドメンバーともあまり会えてなかったから久しぶりに会えて嬉しかった。撮影も合宿みたいですごい楽しい撮影だったし、やっぱり「Soigne」のみんなといると居心地がよくてホームだなと思いました。

 

ゴトウダ:世の中大変な状況が続いているからこそ、こういった機会で演奏しているSoigneを届けられるのはとても嬉しいしありがたかったです!

 

↑ 撮影の合間にSoigneメンバー全員で!

 


 

ゴトウダさん、Yukiさん、インタビューのご参加ありがとうございました!